思い出のスケッチ

曲を書くときはまるで片思いの相手にラブレターを書くかのよう。

今回は、心の中にある大切な思いや、忘れかけていた憧れのシーンに向き合ってみました。

その一つ一つにスケッチを描くように音を作りました。

中村由利子

ご購入はこちらから

 

この星のぬくもり

ピアノ・篠笛・ギターの和洋融合新ユニットの誕生です。
餅は餅屋とよく言いますが、それぞれの楽器を極めた3人が良いバランスで交わっていて、和に寄りすぎず、洋に寄りすぎず、「三色餅アラモード」のようなアルバムです。性格的にもそれぞれ個性的でその交わり方も音に表れているような気がします。
楽曲もそれぞれが持ち寄り、違う世界観の曲が続きますので聴いていて飽きないです。
ジャケットはスタジオジブリの背景画作家としても知られる井上直久さんの作品で、親交のある中村さんのお願いにご快諾いただきました。緻密に色んな要素が描き込まれた作品のジャケットを眺めながら全編聴くというのもオススメです。

ご購入はこちらから

Many Thanks to You

中村由利子のデビュー30周年記念アルバムです。今までの活動の中で関係が深いアーティスト・クリエイターの方々から「曲目」をご提供いただき、その曲を作るというコンセプトです。きっとこういうCDは他では無いのではないでしょうか。これは私がつべこべ書かず、中村さんのコメントをご紹介します。

早いものでもう30年.。その間には起伏が激しく歩くにもやっとという時期も少なくありませんでした。でも途切れることなく音楽活動を続けることができたのは、ファンのみなさんの温かな応援と、素晴らしい方々との出会いに支えられたからです。
30周年の記念アルバムはベスト盤ではなく全て新曲で作りたいと思っていましたので、私にとって欠かせない存在である皆さまに、楽曲のタイトルをいただき、イメージをふくらませて
作曲しました。すごく高いハードルでしたが、たくさんの想いにエネルギーをもらうことができました。
中村由利子

ご購入はこちらから

ぴあの おもてなし隊 〜中村由利子メロディースクール8年間の軌跡〜

青山にある秋山庄太郎写真芸術館を拠点に、「中村由利子メロディースクール」が開講したのが2009年。「ピアノスクール」ではなくて「メロディースクール」なんです。作曲するのに必要なマインドとセンスを磨く、というスクールです。ですので、「ピアノが練習出来て得意な演奏曲がある方」という募集条件でスタートしました。毎年様々な課題を設け、8年たちました。8年目は5名の方が受講。1年目から継続されている方、途中参加の方、今年(!)参加の方、と様々な経歴の方に出された課題が「録音!!」でした。皆様にとっては初体験でしたが、「童謡唱歌のオリジナルアレンジ」「自作曲」の2曲を見事に仕上げ、録音作業もスムーズに行えました。その結果、他にはない魅力と聴き応えのあるCDに仕上がったのではないかな〜、と思います。中村由利子先生の演奏も2曲収録。1曲は録音日に受講生と関係者から集めた言葉をつなぎ合わせた即興演奏です。なんとも不思議なタイトルですが、見事に曲になっています。中村さん曰く「二度と同じには弾けない」とのこと。
是非CDで確かめて下さい!!

ご購入はこちらから

丘の旋律

北海道美瑛町、ご存じですか。十勝岳のふもとに緩急様々な丘が連なる北海道でも特有の地形の町です。その丘を農業の方々が丹念に開墾され、一面に多様な作物が広がる風景に写真家前田真三さんが魅入り、美し作品を発表することでそれまでは「ただの農地」と思われいたところが丘の風景を楽しむ観光地として脚光を浴びることになりました。
その前田真三さんのハイビジョン撮影の映像作品に、中村由利子のデビューアルバム「風の鏡」が使われました。それを機に多くの前田真三作品に中村由利子の音楽が使用されました。
前田真三さんの写真記念館である「拓真館」が2017年に開館30周年を迎え、中村由利子もデビュー30周年にあたります。その双方の30周年を記念して制作したアルバムです。
前田真三さん、前田晃さんの写真を計8点使用し、それぞれをテーマに8曲が収録されています。
美瑛をテーマに作曲した最初の曲「Pastoral」に加え、7曲は書き下ろしです。
30年たっても美瑛の丘で行われている営みとその雄大な風景は変わっていないように思います。このアルバムが美瑛の美しさの新たな一歩になるように願っております。

ご購入はこちら

Eternal Dream

熱海にあるMOA美術館はご存じですか?入り口から山の中をくり抜いたエスカレーターを本館に向かってしばらくあがって行くという壮大な美術館です。そのエスカレーターの終点付近に「円形ホール」という、まさしく円形の広いスペースがあります。2017年2月から、そのスペースで万華鏡が天井一面に投影されており、そのBGMを中村由利子が制作いたしました。これは、その音源のCD化商品です。
万華鏡は二度と同じ画像が現れないと言われています。実際に投影されているところを何度か拝見しましたが、本当に何時間でも見ていられる美しさです。色、スピード、形、全てが異なる視覚に音楽がどう寄り添えるか、というのは難しいテーマですが、見事にマッチしていると思います。
実際に投影される万華鏡を眺めながら、現地で大半を録音しました。その場で即興で演奏した楽曲も2曲収録されています。
録音時に撮影した写真もふんだんに使われており、万華鏡の「一期一会」の中の「一瞬」を眺めながら楽しめるCDです。

ご購入はこちら

Concentration

働く方のメンタルヘルスケアのために!と、USENがはじめたオフィス向けBGMサービス「SOUND DESIGN for OFFICE
その中の「集中力アップ」のためのチャンネルS-01は、埼玉医科大学教授・和合治久先生の研究理論に基づき、中村由利子が全て作曲・編曲・演奏を手がけているチャンネルです。
導入したオフィスからの評判を受け、ついにCD化!!
楽曲制作に取り組みはじめてから早5年。制作者の中村さん本人が「集中力が上がって、平均8分以上の曲をすらっと演奏出来るようになった!」というほど、効果が実感出来ているようです。
ピアノソロ8曲入りと、アンサンブル8曲入りの2枚組です。
私もこれを聴きながら、集中して仕事に励みたいと思っております。

ご購入はこちらから

Northern Lights

「一生に一度は美しいオーロラを見てみたい!」と思っている方は大勢いらっしゃると思います。私も切にそう願っていました。そんな方に朗報です!三重県津市にある岡三デジタルドームシアター「神楽洞夢」で公開されている驚きの8Kという解像度のオーロラ映像「ノーザンライツー極北の夜空に輝く光の物語ー」はふかふかのシートをリクライニングさせて、実際にオーロラを見た気持ちになれるコンテンツです。その映像は、とても珍しいオーロラの大発生の美しい映像と音楽のみ。その音楽を担当した中村由利子作曲のサウンドトラックがこのCDです。
ブックレットには美しいオーロラの写真が満載!!美しい写真と音楽で、オーロラへのイマジネーションが膨らみます!

ご購入はこちらから

天に響け〜陸前高田奇跡のオルガンat東京国立博物館〜

東日本大震災で被災した陸前高田市立博物館所蔵のオルガンが約3年の月日をかけて修復されました。修復の過程で、日本に3台しか現存が確認されていない「海保」というメーカーが明治〜大正期に造った貴重なものだということもわかりました。その貴重なオルガンが東京国立博物館で展示されるという機会に、陸前高田市立博物館の館長や東京国立博物館のご担当の方と「このオルガンのCDを東博で録音して作りたい!」と相談し続け実現しました!ここには書ききれないほどのドラマがあり、たくさんの思いが詰まった作品になりました。中村由利子の呼びかけにすぐに応じて下さった松井五郎さんの詞の素晴らしいこと!松井さんは詞の提供のみならず、プロデュース的な観点でたくさんのアイデアを下さいました。
野島健児さんに参加の打診をして下さったのもそのひとつです。
白鳥英美子さんの歌、紺野美沙子さんの朗読は東博で録音しました。鳥肌が立ちます。
このCDを作るにあたり、色々と被災文化財を取り巻く環境についてのお話もお伺いしました。
CDの売上を通じて少しでもお役に立ちたいと切に思っております。
是非ご協力をお願いいたします。

ご購入はこちらから

THIS IS LIBEROBA

中村由利子(作曲・ピアノ)と植草ひろみ(チェロ)の新ユニット。
Liber=自由
ではobaは?
そう!「自由なおばさん」!!というぶっ飛んだ名前を持つユニットです。
とはいえハチャメチャなわけではなく、枠に収まらないような勢いのある演奏をしている、という意味が近いと思います。難曲・大曲の数々の中にほっとする曲もあり、聴いているとお姉さま(気遣いです)たちの思惑に巻き込まれていくような、非日常体験が出来るアルバムです!

ご購入はこちらから

« Older Entries
Copyright© 中村由利子オフィシャルサイト All Rights Reserved.